nepia 千のトイレプロジェクトは、東ティモールでトイレをつくり、屋外排泄を根絶する活動です。

「千のトイレプロジェクト」これまでの成果

プロジェクトによるトイレ建設数の推移

problem

5歳未満児死亡率 (2018年)

トイレにアクセスできない人の率 (2018年)

出典:ユニセフ 世界子供白書2019-子どもの死亡率に関する指標

project

千のトイレプロジェクト

全国で進む衛生環境の改善

2008年の開始から、多くの方にご指示いただいている「千のトイレプロジェクト」。これまでに、たくさんの集落で屋外排泄の根絶に寄与してきましたが、ユニセフ「世界子供白書」によると、2018年時点ではまだ46%の人がトイレのない環境で暮らしています。
「千のトイレプロジェクト」では、2020年度中に完成予定の第12フェーズまでに、累計約2万3,000件、61村の408集落、約14万7,000人の子どもとその家族の、衛生的な暮らしに貢献します。13年間の活動は確実に成果につながっており、国内の全域でトイレの普及・屋外排泄の習慣根絶の機運が高まっています。
ネピアが支援するユニセフの活動は、屋外排泄の根絶にとどまらず、さらなる衛生意識の向上や衛生環境全般の改善へと進んでいく予定です。

nepia 千のトイレプロジェクトとは

画像

2020年度のキャンペーンは終了いたしました。たくさんのご協力ありがとうございました。

アイコン

ネピアを選ぶことが支援になります

※ユニセフは特定の企業やブランド、製品、サービスを推奨するものではございません。

report

集合写真

2019年度視察レポート2019年5月25日~6月1日

movie